Uncommon/Compound mutationに対するジオトリフの有用性の検討

Uncommon/Compound mutationを有するEGFR遺伝子変異陽性肺癌の病態、それに対する薬剤感受性やジオトリフの有用性の検討をご紹介しているビデオです。

Uncommon/Compound mutationを有するEGFR遺伝子変異陽性肺癌

EGFR遺伝子変異陽性肺癌におけるUncommon/Compound mutationとSingle mutationは、予後や細胞増殖能の違いから、異なる病態であると考えられます。ビデオでは、それぞれの発現割合やL858RおよびDel 19におけるCompound mutationの割合を示し、ジオトリフのLUX-Lung2、3および6試験の統合解析の結果より有用性を検討しています。

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら