EGFR-TKIの耐性機序を見据えたシークエンス治療

第2回:ジオトリフの有用性

EGFR遺伝子変異陽性肺癌治療におけるジオトリフから始まるシークエンス治療について紹介しているビデオです。

 

腫瘍細胞は、遺伝子変異が繰り返し起こる中で発現します。またEGFR遺伝子変異発現細胞のEGFR-TKIに対する感受性は遺伝子変異により異なるため、T790Mを含む変異の発現状況や性質が変化し、且つ多様化し、腫瘍内不均一性が認められると考えられます。 EGFR遺伝子変異陽性肺癌の治療は選択肢が増え、長期にわたることが想定されるため、EGFR-TKI投与後の遺伝子変異による薬剤耐性を考慮した治療法選択が重要になります。

ビデオでは、ジオトリフのEGFR遺伝子変異の種類別にみた日本人データと、ジオトリフ投与後にT790M変異を獲得したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌患者におけるシークエンス治療についてご紹介しています。

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら