EGFR-TKIの耐性機序を見据えたシークエンス治療

第1回:T790M変異検出のための再生検の重要性

 

T790M変異の検出に不可欠である再生検の重要性と検出率向上のためのアプローチについて紹介しているビデオです。 EGFR遺伝子変異陽性肺癌の治療は選択肢が増え、全生存期間が延長し、長期の治療が想定されます。このため1次治療のみならず、2次治療以降も含めた治療のシークエンスを考慮して薬剤選択を行うことが重要となりますが、同時にEGFR-TKI投与後の薬剤耐性が課題となっています。 ビデオでは、第一・第二世代EGFR-TKI投与後に多く発現するとされるT790M変異を検出するための検体の種類と検査法、そして治療法選択のための繰り返し再生検の重要性をご紹介しています。

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら