肺がんエキスパートの知見:Uncommon/Compound EGFR遺伝子変異のインパクト

新潟県立がんセンター新潟病院 内科 内科部長
三浦 理 先生

肺がんエキスパートとして、新潟県立がんセンター新潟病院内科部長である三浦理先生に、Uncommon mutation/Compound mutationのEGFR遺伝子変異の特徴および治療について2019年8月29日(木)にインタビューをし、今回はUncommon/Compound EGFR遺伝子変異のインパクトを解説いただきました。

Uncommon/Compound EGFR遺伝子変異のインパクト

2019年に次世代シークエンシング(NGS)を用いた遺伝子検査が使用可能になりました。EGFR遺伝子変異肺癌は治療だけでなく、遺伝子変異の検査方法も変化してきています。検査方法の変化に伴い、今まで未検出だったUncommon mutationやCompound mutationがより多く検出される可能性が考えられます。
今回は、新潟県立がんセンター新潟病院 内科部長である三浦理先生に、Uncommon mutation/Compound mutationのEGFR遺伝子変異のインパクトについて解説いただきました。

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら