特発性肺線維症(IPF)の早期治療介入の重要性とオフェブの臨床効果

本コンテンツでは特発性肺線維症(IPF)において、急性増悪が生命予後に及ぼす影響と早期治療介入の重要性を紹介するとともに、抗線維化薬であるオフェブがIPFの急性増悪に及ぼす影響についてTOMORROW試験及びINPULSIS試験の併合解析の結果から解説します。

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら