IPF早期治療介入の重要性

特発性肺線維症(IPF)は重症度にかかわらず、急性増悪による急激な呼吸機能低下の可能性があり、生命予後への大きな影響があることが懸念されます。 

本コンテンツでは、IPF診療に携わる医師を対象とした意識調査から、重症度別にみた、抗線維化薬による治療介入率、介入前に経過観察を行う理由をご紹介するとともに、疫学データから明らかになったIPFの早期診断および早期治療介入の重要性についてご紹介します。 

 

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら