患者さんとご家族の視点で考えるIPF治療

特発性肺線維症(IPF)はきわめて予後不良な疾患であり、患者さんおよびそのご家族が当たり前だと考えていた未来に大きく影響を及ぼす可能性があります。
そうしたIPF患者さんとそのご家族の思いから、治療の重要性をぜひご確認ください。

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら