IPF急性増悪抑制の重要性

特発性肺線維症(IPF)の急性増悪のリスク、ならびに急性増悪が予後やQOLに与える影響について、解説したビデオです。

IPF急性増悪のリスクと予後・QOLへの影響

特発性肺線維症(IPF)の急性増悪は、慢性経過中に急速な呼吸不全の進行がみられる予後不良となる病態であり、急性増悪発現を抑制することはIPF治療において極めて重要な意味を持っています。特発性肺線維症(IPF)の急性増悪のリスク、ならびに急性増悪が予後やQOLに与える影響についてご覧ください。
 

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら