患者さんと考える治療選択 第2回 IPF治療における患者コミュニケーションの考え方

特発性肺線維症(IPF)の治療方針の選択、決定のいくつかの場面について、Shared Decision Making(SDM)と呼ばれる協働的意思決定の観点から、どのようなコミュニケーションを行うべきか、ご解説いただきました。 

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら