オフェブに、全身性強皮症に伴う間質性肺疾患(SSc-ILD)の適応が追加されました

全身性強皮症(SSc)は、皮膚や全身の臓器の血管障害、線維化を特徴とし、厚生労働省が定める難病に指定されています。間質性肺疾患(ILD)はSSc患者の生命予後に大きく影響することから、SSc-ILDはアンメットメディカルニーズが高い疾患として、治療薬の開発が望まれていました。

助成金プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら