慢性過敏性肺炎(CHP)の診断とオフェブの有用性【動画】

慢性過敏性肺炎(CHP)は肺の線維化を伴う間質性肺疾患の1つです。特に線維性CHPでは、抗原回避や抗炎症治療に加えて、線維化に対する治療を考慮することが重要です。本コンテンツでは、CHPの診断とオフェブの有用性について、東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授 宮崎 泰成先生の解説をご覧いただけます。

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら